HOME > 保育士採用試験とは… >

論作文試験

課題
当然ですが、課題と関係ない文章では不合格です。以下のような課題で練習してみましょう

1.これからの保育士の役割   (ニーズの多様化に伴いサービスの充実の必要性から)
2.自分が目指す保育者像    (保育者として備えておくべき資質)
3.公務員としての心構え    (公務員という職業の理解、制約、努力、姿勢)
4.住みよい町を作るために   (自治体に対する理解、批判、要望)
5.最近のできごとから感じること(新聞の社説などを参考に)
制限時間 単独で行われる場合・・・90〜120分が目安です
他の教養試験と共通で行われる場合・・・共通試験時間のうちの60分が目安です
制限字数 800〜1000字が目安です (原稿用紙2〜3枚分、A4用紙約1枚分)
「程度」「以内」といった制約に注意しましょう。
目的
1.人間性をみる   「文は人なり」です。課題についての文章表現から全般的に評価します
2.表現力をみる   文章もコミュニケーションの一つ。
           保育士の実務などでも表現力が要求されます
3.知性と教養をみる 文章構成や語彙力などをみて、社会人としての知性と教養を評価します
採点基準
1.問題意識    課題に関しての自分なりの主張があるかどうか
2.論理性     どんなことを言いたいのか、読む人をとまどわせない論理の一貫性が必要
3.内容      社会人として評価に耐えうる知性や教養の有無
4.オリジナリティ 受け売りや決まり文句ではなく、自分なりの表現であるかどうか
5.文章作法    誤字脱字、原稿用紙の使い方、字数、文字の読みやすさ・丁寧さなど
詳細は各自治体によりますが
一般的には下記の通りです。

普段からバランスよく
勉強していきましょう。
作者が実際に利用したオススメ本

試験問題のみならず
全国各地の採用試験実施状況
(時期や内容等)
も掲載。