HOME > 保育士採用試験とは… >

採用試験内容

一般教養試験 第1次試験で行われることが多いです
一般知識や一般知能についての出題で、ほとんどが択一式の筆記試験です
専門試験 第1次試験で行われることが多いです
専門的知識や能力についての専門試験で、択一式の筆記試験です
ただし、一部では併せて記述式も出題されています
保育士試験同様、全科目のところもあれば一部のみというところもあります
論・作文試験(小論文・論述試験) 第1次試験ないし第2次試験で行われることが多いです
60〜90分以内で、800〜1200字程度にまとめさせる場合が多いようです
課題は保育分野、社会的分野、地方行政分野など様々です
面接試験 第2次試験で行われることが多いです
受験者1人に対して、面接試験管が複数という個別面接が多いですが、
最近では複数の受験者を同時に面接する集団面接も増えてきているようです
適性検査(性格検査) 第1次試験ないし第2次試験で行われることが多いです
今後、性格面や業務適正をみる心理学的な検査は重要視されるでしょう
実技試験 実施しないところもあります
ピアノが主体となりますが、歌、リズム感、表現力などが審査の対象です
なかには、造形、言語、体育、音楽など全般にわたるところもあるようです
身体検査・体力測定 実施しないところもあります
垂直跳び、腕立て伏せ、握力、背筋力、
反復横飛び、立位前屈、5分間走、ジグザグドリブル
などといった数種目が行われるようです
詳細は各自治体によりますが
一般的には上記の通りです。

普段からバランスよく
勉強していきましょう。
作者が実際に利用したオススメ本

試験問題のみならず
全国各地の採用試験実施状況
(時期や内容等)
も掲載。